2006年12月24日

育て「ロケットガール」 公開講演会in秋田大

育て「ロケットガール」 女子高生の講座スタート、秋田大(秋田魁新報)

 昨日の公開講演会の記事が新聞に載っていました。
 ちなみに、その裏面にもロケットの記事が。

火薬使わずロケット発射 混合燃料で、NPOが実験

 進行の秋山演亮先生も、同日ということで事あるごとにこのカムイスペースワークスの打ち上げのことを話していましたです。

 さて、講演会の方ですが、サイトにもあるように、第1部では学部生2年の小林さん、スペースフロンティアファンデーションの大貫美鈴さん、JAXA宇宙飛行士の山崎直子さんがそれぞれ30分程度講演、第2部ではロケットガール養成講座の内容と経緯の紹介、そして第3部で女子高生、大学生、講演者に「ロケットガール」原作者の野尻抱介氏を交えてのパネルディスカッションという流れで進行していきました。

 なかなか聞くことのない貴重な話ばかりでためになりましたですよ。

 まずは、小林さんの講演。
 といっても、現役女子高生とそう年が離れていない彼女がどうしてロケットに関わるようになったか、という話が主でしたね。この手の発表は慣れていないようで、初々しさを感じました(笑)。
 能代宇宙イベントの様子も紹介されていました。時間があるようだったら、来年は見に行ってみたいですね。
 それにしても、彼女の「月が嫌いで、嫌いだからこそ逆に月に行きたくなった」「月は制覇されるべき」という話……それを聞いて、「『月狂い』だ。『月狂い』がここにいる!」と思ったのは私だけでいい(苦笑)。いや、まあ、(「蓬莱学園」の)夢月はるかとはきっかけが異なりますけども。

 大貫さんの講演は、ビジネス面から見た宇宙開発についてでした。
 スペースフロンティアファンデーションのサイトは英語版だけみたいですね。彼女はアジアリアゾン代表として幅広く活動されているようです。宇宙旅行やファッションについて語られていました。最近では「スペースクチュールコンテスト」にも絡んでいるようで、この事についても紹介していましたね。
 彼女の話を聞いていると、理工系じゃなくても宇宙開発に関わることは出来ますよ、という内容にも聞こえましたが(苦笑)。まあ、ビジネスの最前線の話が聞けたのは面白かったですね。
 あと、話を聞いていて「まっすぐ天へ」の主人公の弟で建築会社に勤めるキャラの『「人生に必要なモノは全てある」ってカンジ』という台詞を思い出したり。建築会社といえば、大貫女史はもともと清水建設の宇宙開発室に勤めていたそうですが……あれ、「プラネテス公式ガイドブック」の参考資料で清水建設宇宙開発室の名前見たな、そういえば。

 3人目はJAXAの山崎さん。
 こちらもまた最前線ですね。国際宇宙ステーションの話や宇宙飛行士の訓練の話を聞けました。
 どうしたら宇宙飛行士になれるのか、といった質問も多くあがりましたです。

 パネルディスカッションでは、女子高生からコメントを引き出すのに秋山先生は苦労していた様子。
 今回参加されていた高校生は進路を理系で考えていたようですが、できれば「自分は理系苦手だから」という子にも参加してもらいたかったかなー、とか思ったり。実際の養成講座への参加状況はどうなんでしょうね?
 そういえば、「宇宙に行きたい人」という質問に手を挙げて、「どうして宇宙に行きたいのですか?」という問いに「そこに宇宙があるから」と答えられた時には、おじさん「『宇宙狂い』だ。『宇宙狂い』が(略)」と思っちゃったよ(苦笑)。

 モデルロケット打ち上げの失敗談についても色々ディスカッションしていました。秋田大チームの、打ち上げ前にミスが発見されたけど打ち上げを強行して、無事ロケットは打ち上げられたけどそのミスのために機体が破損したという件については、私は「正しい失敗」じゃないかなと思いますです。
 まあ、若いうちからこういう経験をできるというのは貴重ですよね。

 あと、秋山先生がこの養成講座とロケットについて話をしているのを聞いて、「だまされるなー。その先生がロケット仲間を増やしたいために一発吹いているんだぞー。大先輩は頭がいいから自分の欲望を全体の問題にすり替えているだけなんだぞー」と、「プラネテス」2巻の星野ゴローの台詞を借りて言いたくなったりして(笑)。いや、言いませんでしたけど。

 今回参加して思ったのは、ロケット仲間のネットワークと言うかコミュニティというか、ロケット作りの輪がかなり広いということですね。秋山先生の人脈にもよるんでしょうけど、こういう人たちがいる、という確認が出来たのはよかったです。
 これに参加したからと言ってロケット工学をやらなければいけないというわけではないですけど、参加される高校生の進路を決めるきっかけになるといいですね。


余談:
 講演会終了後は、野尻氏のサイン会&「ロケットガール」即売会になってましたとさ(苦笑)。
 私は早々に帰りましたけど。


オンライン書店ビーケーワン:まっすぐ天へ 1
まっすぐ天へ
的場 健
講談社 (2004.4)


プラネテス(モーニングKC)

プラネテス(全4巻)
幸村 誠
講談社


プラネテス公式ガイドブック

プラネテス公式ガイドブック
幸村 誠
講談社 (2004.2)



posted by 海老 at 23:42| Comment(3) | TrackBack(2) | ロケットガール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
秋田大の小林です。
遅くなりましたが講演聴いていただいてありがとうございます
&あけましておめでとうございます!

私の言葉を記憶に残していただいた方がいて嬉しいです☆
Posted by さぁやん at 2007年01月18日 14:12
>さぁやんさん
 どもども。寒中見舞い申し上げます。
 もう1ヶ月前になってしまいますが、面白い講演で今後の活躍を見ていきたいと思いましたですよ。
 養成講座では高校生の牽引役として頑張ってください。
Posted by 海老 at 2007年01月20日 22:17
宇宙基地を開発し販売すると売れるかも宇宙基地生活で宇宙開発気分で人生を送れる 参考はNASAの火星基地などいろいろ
Posted by 増田二三生 at 2007年04月15日 16:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30214592

この記事へのトラックバック

[リンク集]ロケットガール養成講座公開講演会 レポートリンク集
Excerpt: おれのへぼいレポートよりもよっぽど参考になりますね。 見つけたら追加。 ロケットガール養成講座:活動報告 http://www.mono.akita-u.ac.jp/rocketgirl2/koka..
Weblog: のしろケットちゃんBlog
Tracked: 2007-01-18 00:15

気になるサイト
Excerpt: えー。能代宇宙イベントとか今回のロケットガール養成講座とか、手広く秋田でやってきたわけですが。徐々にいろんなところに波紋、じゃなかった、反響が出てきているようで嬉しい限りです。目篭さんはちがうけど、前..
Weblog: ロケットガール養成講座
Tracked: 2007-01-18 02:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。